小山ファームで栽培している苺たちです。全部で10種類以上を栽培。
苺狩りでは2〜6種類の食べ比べを、
どの時期でも楽しんでいただけるようにしています。

おいCベリーおいCベリー千葉県農林総合研究センターで開発された品種です。果実が大粒で甘く、程よい酸味がある新品種で人気が出ました。千葉県の独自系統と、甘く柔らかい人気品種「とちおとめ」を掛け合わせたもので、大粒で果汁がたっぷりジューシーで、甘さに加えて程よい酸味も有るので、味わい深い美味しさです。


真紅の美鈴ふさのか「くろいちご」という呼び名は、一般的な苺の赤より暗紅色なので、黒っぽく見える事からついた通称です。正式には「真紅の美鈴」という平成24年度に登録出願された千葉県の新品種で、「房の香」と「麗紅」から交配されました。糖度が20.9と非常に高く、酸味は低い品種で実は硬めです。人気品種で有名になってきたため、成東でも生産農家は増えて来ました。

おいCベリーおいCベリー農研機構九州沖縄農業研究センターで育成された品種。ビタミンCが市販品種の中で最も多く「さちのか」の約1.3培、「とよのか」の約1.6倍含まれ、高い抗酸化活性が有ることから命名されました。糖度9.4と「とよのか」「さちのか」より高く、果実は大きく濃赤色です。


こいみのりさちのかとよのかとアイベリーを交配した、国の育成した新品種。
長円錐形でつやのある果実は、やや堅めで日持ちが良いため配送にも安心。平均糖度は10度と高めでシーズン通して安定しています。ビタミンCの含有量が多く、朱色っぽい色で、優しい感じの甘味が特徴です。


ゆめのかさちのかゆめのかは、2007年に愛知県によって登録された品種です。糖度は高めで酸味も有るため、さっぱりとした甘さに感じられます。果実は平均20g前後の大きさとされていますが、写真のように40g程の大粒も有ります。果肉は適度な固さで中はジューシーです。


やよいひめやよいひめ群馬県の品種で、2005年(平成17年) 1月に品種登録されました。
果実は平均20gと粒が大きく上品な明るい薄紅色が特徴です。果肉はしっかりしていて、中まで薄い赤色です。甘みと酸味のバランスがよく日持ちする品種です。


とちおとめとちおとめ栃木県育成の品種。
栃木をはじめ関東から東北で広く栽培され、味には定評の有る人気品種。円錐形でつやのある大きな果実が魅力。糖酸比が高く食味は良くジューシー。


あきひめあきひめ静岡県の民間育種家の育成品種。
縦長の果実は他の品種と見分けやすい特徴です。果実は大きく酸味が少ないさっぱりした甘さで、柔らかい果実はみずみずしい食感です。

あきひめあきひめ三重県生まれの品種です。
酸味が少なくさわやかな甘さが引き立ち、上品な香りがあふれる事からネーミングされたそうです。病気にも強いため、おいしい苺がシーズン通じて収穫できます。